HTMLでの「&」などの書き方

特殊文字について

HTML上で、「&」や「<」「>」などの記号を書くと、思い通りに表示されなかったり、文法検証するとエラーになったりします。

例えば、HTMLのソースを HTML上にそのまま表示させる場合で、<p>の中に<div>のソースを書こうとすると、それは、<p>の中で<div>を宣言したものと解釈されます。

こういったことを避けるために、「<」「>」などの特殊文字をHTML上で記述する場合は、文字参照を使用することが推奨されています。

文字参照とは

文字参照とは、HTMLなどのSGML言語(論理構造や見栄えを、タグによって定義することができる言語)にて、そのまま記述すると言語の構造的に問題のある記号などの文字を、参照し、呼び出す方法のこと。

文字参照には数値(10進数または16進数)で指定する数値文字参照と、文字列で指定する文字実体参照があります。

記述方法

以下、HTML文書の編集の際によく使う記号と、その記号に対応する文字です。

  • (&) = (&amp;)
  • (<) = (&lt;)
  • (>) = (&gt;)
  • (") = (&quot;)
  • (?) = (&#63;)
  • ( ) = (&nbsp;)

とりあえずこれだけ。もっとたくさんあるけれども、私には使う機会があまりないのでここまでにしておきます。

他の記号については、文字参照と一覧でググってみてください。一覧ごと載ってるサイトがいくつもありますので。

スポンサードリンク

inserted by FC2 system