URLの構造を改善しよう

  • SEO
  • 現在地

このページは、「Google検索エンジン最適化スターターガイド」を参考にして、作成しております。

URLについて

URLとは、Uniform Resource Locator の略でウェブページのアドレス(住所)のようなものです。

で、この部分もGoogleの検索対象となり、検索キーワードがURLに含まれていた場合、その部分が検索結果にて太字で表示されます。

つまり、ページの検索キーワードが本文にない場合でも、URLに含まれていれば、検索結果に表示されることがあるので、URLにも意味を持たせた方が良いということです。

ポイント

以下は、ガイド内のポイントを抜き出したものです。

URLにコンテンツと関連した単語を使用しよう
  • 不要なパラメータやセッションIDを含んだ長すぎるURLは使わない
  • “page1.html”のような一般的なファイル名を選ばない
  • “blume-gift-blume-gift-blume-gift.htm”のようにキーワードを過度に使わない
ディレクトリ構造を簡潔にしよう
  • サブディレクトリを深い階層構造にしない
  • 内容と無関係なディレクトリ名を使わない
1つのページにURLは1つにしよう
  • サブドメインとルートディレクトリから同じコンテンツにアクセスしないようにする
  • サイト内のリンクで、www.のあるバージョンと、ないバージョンのURLを混在させない
  • URLの中で不必要に大文字を使わない

    ユーザーの多くはURLが小文字であると想定しているので、その方が記憶されやすいため

要約すると、URLとなるファイル名やディレクトリ名には、意味のある単語を使用、ただしキーワードを詰め込みすぎない。ディレクトリの階層構造は深くしすぎないように、といったところでしょうか。

「URLの中で不必要に大文字を使わない」とありますが、日本語でファイル名を設定しているところもありますので、ここは触れないことにします。

また、Google ウェブマスターに可能な場合は、相対リンクではなく絶対リンクを使用しましょうとあるので、内部リンクでも絶対パスを使用した方がいいようです。

外部リンククロールが完了できなかった URL のエラー

あと、URLの区切り記号にはアンダーライン(_)よりハイフン(-)を使用することが勧められています。

外部リンクGoogle と相性の良い URL の作成

「サブドメインとルートディレクトリから同じコンテンツにアクセスしないようにする」

例えば、このサイトはFC2ホームページからスペースをレンタルしています。FC2ホームページのURLが http://web.fc2.com/ で、このサイトのトップのURLが http://vavevoo.web.fc2.com/ です。

つまり、このサイトのURLの vavevoo の部分が、web.fc2.com のサブドメインということで、web.fc2.com の(この場合、ルートディレクトリに位置する)ドメインでは、このサイトのコンテンツにアクセスできないようにするということです。

まあ、レンタルスペースなので、こちらからはどうしようもないんですが。

後書き

とりあえず、URLにページの名前に関連した単語を入れて、ページへのリンクを絶対パスにしてみました。しかし、すでに大量のページを作成してあるサイトの場合は、内部リンクなども変えるために膨大な作業になるため、あきらめて他の方法を探したほうがいいかもしれません。

スポンサードリンク

inserted by FC2 system