質の高いコンテンツを提供しよう

  • SEO
  • 現在地

このページは、「Google検索エンジン最適化スターターガイド」を参考にして、作成しております。

どのようなコンテンツを作成するか

どのようなコンテンツを作成するかは、そのサイトのジャンルにもよるので、ここでは内容ではなくその書き方についてです。

ポイント

以下は、ガイド内のポイントを抜き出したものです。

読みやすい文章を書こう
  • 文法の間違いや変換ミスなどの多い、雑な文章を書かない
  • テキストを画像に埋め込むのは控える

    コピー&ペーストしたいユーザーがいるかもしれません

    検索エンジンは画像に埋め込まれたテキストを認識できません

トピックごとにコンテンツを整理しよう
  • さまざまな内容に関する大量の文章を、段落分けや項目立て、レイアウトの調整を行わずに1ページにまとめてしまわない
独自で新鮮なコンテンツを作ろう
  • 既存コンテンツの焼き直しやコピーなど、ユーザーにとってほとんど価値がないコンテンツは作らない
  • サイト内で重複するコンテンツや、重複に近いバージョンを作らない

    重複するコンテンツに対処するrel="canonical"属性について(ヘルプ記事)もご覧ください
    外部リンク : rel="canonical"属性について

ユーザー向けのコンテンツを作成しよう
  • ユーザーには迷惑で無意味なキーワードを、検索エンジンのためだけに大量に詰め込まない
  • 「よくある打ち間違い」などとして、ユーザーにとって価値のないキーワードを羅列しない
  • 検索エンジンには見えるが、ユーザーには見えない隠しテキストと隠しリンクを使わない

他に重要な部分として、「ユーザーの検索行動に関連性のある言葉を使うこと」が挙げられています。

これは、検索ユーザーがその分野に詳しい場合はピンポイントにその名前(ガーベラ、ラナンキュラス)を、 逆に全く知らない場合は、そのジャンルそのもの(花、花束)を検索する事があるので、 「検索行動における多様性を想定しながらコンテンツを作成する(キーワードを効果的に織り交ぜた文章を使う)」 べきということです。

後書き

ガイドをそのまま読み取ると、質の高いコンテンツというのは、話題ごとに整理され読みやすくユーザにとって価値があるコンテンツ、ということになるのでしょうか。なかなか厳しいものです。特に自分の文章読みにくいですし。

スポンサードリンク

inserted by FC2 system