画像の利用を最適化しよう

  • SEO
  • 現在地

このページは、「Google検索エンジン最適化スターターガイド」を参考にして、作成しております。

画像を使用する際の注意点

画像はHTML言語では、<img> タグで貼り付けることができます。この画像にも、検索エンジン対策として最適化することができます。

といっても、画像そのものをどうこうするわけでなく、<img> タグのalt属性を設定することで行うことができます。

この alt 属性は、画像が表示されない場合に、その画像の代わりに表示される代替テキストです。

ポイント

以下は、ガイド内のポイントを抜き出したものです。

簡潔で、内容をきちんと説明しているファイル名とaltテキストを付けよう
  • 可能であれば“image1.jpg”、“pic.gif”、“1.jpg”のような一般的なファイル名は使わない

    何千もの画像を持つサイトの場合は、画像ファイルの名前を自動的に付けることを検討してみるのも良いかもしれません

  • 極端に長いファイル名を付けない
  • alt属性にキーワードを詰め込んだり、文章をすべてコピー&ペーストしたりしない
画像をリンクとして使用する場合は alt テキストも提供しよう
  • Google ウェブマスター向けガイドライン違反と疑われるほど、極端に長い alt テキストは書かない
  • サイトのナビゲーションに画像リンクだけを使うのは控える

後書き

とりあえず、画像を貼るときは alt 属性を忘れずにということですね。ただ alt 属性も検索エンジンに読まれるからといって、そこに画像と無関係のキーワードを入れたり、大量に長いテキストはスパム扱いされても仕方ないので、やめましょう。

また、alt 属性の他に title 属性も画像に設定できます。それぞれ「代替」と「題名」の意味があり役割は違うのですが、実際代替テキストとして表示したい文字は、画像の題名ですので、同じテキストを設定しても問題はないと思います。まあ、SEO的には意味はないですが。

スポンサードリンク

inserted by FC2 system