見出しタグを適切に使おう

  • SEO
  • 現在地

このページは、「Google検索エンジン最適化スターターガイド」を参考にして、作成しております。

見出しタグ

見出しタグとは、段落の内容を一見して分かるように表示する標題を設置するタグです。

HTMLでは、最も重要度の高い見出しである <h1> から、<h6> まで重要度順に6種類あります。

ポイント

以下は、ガイド内のポイントを抜き出したものです。

コンテンツのポイントを考えよう
  • ページ構成とは関係なくテキストを見出しタグで囲むことはしない
  • <em> や <strong> の方が適切だと思われる箇所で見出しタグを使わない
  • 見出しタグのサイズの使い分けを不規則にしない
ページ全体を通して見出しタグは慎重に利用しよう
  • ページ内で見出しタグを使いすぎない
  • ページにあるすべての文章を見出しタグに入れない
  • 見出しタグを構造を示すためではなく、スタイルを整える目的で使わない

後書き

ガイドにもある通り、見出しタグは囲んだテキストを、通常のテキストに比べて大きく表示させることができます。

しかし、<h4> は、通常のテキストと同じくらいの大きさになるため、通常のテキストと見分けがつかない場合がありますし、<h6> に至っては、通常のテキストより小さくなります。

この場合を考えて、スタイルシートで見出しタグごとに色を変えるなり、何らかの装飾をするべきです。

同様に <h1> では表示が大きすぎる場合もあるので、デザインのために、スタイルシートでフォントサイズを変更した方がいい場合もあります。

最後に書き忘れていましたが、<h1> の次に <h3> を使用すると、間に <h2> がないため、「正しいHTML」を書くという面でマイナスになり、結果的にSEOの面でもマイナスとなるため、見出しタグは重要度の順番に使用するようにしましょう。

スポンサードリンク

inserted by FC2 system