リンクに nofollow 属性を活用しよう

  • SEO
  • 現在地

このページは、「Google検索エンジン最適化スターターガイド」を参考にして、作成しております。

nofollow 属性

nofollow 属性は、検索エンジンに対してリンクをたどらないように指示するための属性(厳密には属性というより値)です。

使用方法

使用法は2種類あり、1つ目としてHTMLのリンクタグである <a> の rel 属性で使用します。実際は以下のように使います。

  • <a href="URL" rel="nofollow" >テキスト</a>

上記の場合、検索エンジンに対し、テキストに設定されたURLへのリンクをたどらないように指示したことになります。

この方法は、主にガイドにもある通りコメントスパム対策(またはトラックバックスパム対策)や、自分からリンクは貼るがページランクを渡したくない場合に使用されます

2つ目に、ページ内のすべてのリンクを検索エンジンにたどらせないように指示する方法です。これは、前に書いた メタタグの "name=robots" のことです。

  • <meta name="robots" content="nofollow" />

この記述を使う場合は、リンク先の他に内部リンクのURLもたどらないため、"noindex" と組ませて使用するか、または値を "none" にして、検索よけとして使用した方が有効です。

後書き

最初にnofollowはリンクをたどらせないよう指示する値と書きましたが、これはあくまで Google に対してであり、他の検索エンジンによっては動作が多少違うこともあるようです。

また、リンクタグでの「rel="nofollow"」は、スパム対策以外にも使用できるのですが、マイコミジャーナルでGoogle、内部リンクにはrel="nofollow"を指定しない方がいいと発表という記事もありましたので、内部リンクでの使用は控えた方がいいでしょう。

スポンサードリンク

inserted by FC2 system