エラーページをカスタマイズする

前に紹介した検索エンジン最適化のガイド内に、「役に立つ404エラーページを用意しよう」とありましたので、今回はエラーページを作成してみることにしました。

.htaccess でエラーページに移動させる

記述方法

例として、ページが存在せず404 エラーコードが返される場合は、別に作成した404.html のページに移動させる場合の .htaccess ファイルの記述。

  • ErrorDocument 404 /page/404.html

上記の記述は、このサイトで使用している実際の記述です。なお、URLの部分はフルパス以外に絶対パス(http:// から記述)でも可能です。(ファイルからの相対パスは不可)

同様の記述で、他のエラーコードについても設定できます。

主なエラーの内容

400 Bad Request
ユーザー側から送られた要求を理解できなかった場合。キャッシュのクリアが有効?
401 Unauthorized
パスワード等の認証が必要な場合。
403 Forbidden
アクセス権限がない。アクセスできないページにアクセスした場合。
404 Not Found
そもそもページが存在しない場合。URL の間違い。
500 Internal Server Error
サーバー内部のエラー。管理者側にエラーがある場合。
503 Service Unavailable
アクセス過多による使用不可の場合、またはメンテ中とか。2ch のもうずっと人大杉(専ブラなら出ないですが。)はこれ。

まだまだたくさんあるんですが、.htaccess ファイルはサーバー上に設置されるものである以上、サーバー自体のエラーの場合はエラーページ自体が表示されないので、そこのところお忘れなく。

追記

移動させるエラーページは、アクセスされたページのURLの位置になり替わるので、エラーページのスタイルシートや JavaScript 等を相対パスで指定している場合は、スタイルシートが適用されません。

エラーページでのスタイルシート等のパスは、絶対パスで指定してください。

スポンサードリンク

inserted by FC2 system