301 リダイレクトする方法

今回は、携帯ユーザーを適切に誘導しよう のページで触れたリダイレクトを .htaccess で行う方法についてです。

なお、この方法はページが恒久的に移動したことになる 301 リダイレクトとなります。主にサイトの移転の際に使用されるものです。

301 リダイレクトとは

HTTPコードの 301 は、ページが完全に移転したことを表すものです。よって、301 リダイレクトをすることで、ページの情報を移転先へ引継ぐことができます。

また、Google でもURLを変更する際は、この 301 リダイレクトが勧められています。

外部リンク:301 リダイレクト - ウェブマスター ツール ヘルプ

301 リダイレクトするための記述

  • Redirect permanent 転送元URL 転送先URL

上記のものが基本形となります。転送元URLにアクセスがあった場合、転送先URLへリダイレクトされることになります。

具体例

以下のものは、当サイトで設定している実際の記述です。

  • Redirect permanent /page/index.html http://vavevoo.web.fc2.com/

この記述は、http://vavevoo.web.fc2.com/page/ にアクセスがあると、トップページへリダイレクトされることになります。

実は、デフォルトページを index.html に設定しているのですが、index.html はルートの部分にしか置いていないため、個別に設定していたりします。(index.html を個別のディレクトリに置けば済む話ですが。)

302 一時的な移動

なお、一時的な移動の場合は、302 リダイレクトにするべきなので、以下の記述にしましょう。

  • Redirect temp 転送元URL 転送先URL

まあ、あまり使うことはないでしょうが。

スポンサードリンク

inserted by FC2 system