(X)HTMLの基本的な書き方

基本的にXHTMLの文法で記述しております。

今回は、XHTML文書の書き方について記述しておきます。まあ、本来最初にやっておくべきものですが、最初はこんなコーナーにする気もなかったので。

HTML言語のルール

タグの書き方

HTML言語はマークアップ言語であるため、タグで囲んだ部分に要素を指定することで文書を構成します。

マークアップ = 意味の指定・埋め込み

例として、見出しの要素を持つ <h1> を使用する場合。

  • <h1>テキスト</h1>

上記のように開始タグ(<h1>)と終了タグ(</h1>)で囲むことで、囲まれたテキストが見出しとなります。

なお、<br>(改行)のような空要素のタグは、囲むテキスト自体がないため終了タグがありません。

XHTMLの場合は、<br /> のように要素の終了時にスラッシュ( / )を置いて閉じます。

属性に値を入れる場合

その他のルールとして、属性に指定する値には引用符( " )で囲む事が必要です。

  • <meta http-equiv="Content-Type" content="text/html;charset=UTF-8" />

上記の記述は、http-equiv 属性に Content-Type という値を引用符で囲んで指定しています。

HTML文書の構造

HTML文書の言語やDTDによって違いはありますが、だいたい以下のような構造になります。

  • <!DOCTYPE>
  • <html>
    • <head>
      • <title>タイトル</title>
    • </head>
    • <body>
      • この部分に記述されたものがブラウザに表示されます。
    • </body>
  • </html>

XHTMLで記述する場合は、DOCTYPE宣言の前に以下のXML宣言も記述しましょう。encoding の値は、HTML文書の文字コードに変更してください。

XML宣言: <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>

<!DOCTYPE>

<!DOCTYPE> はDOCTYPE宣言をするための記述です。

サイト内関連ページDOCTYPE宣言について

<html>

このタグ内の記述をHTML文書であると定義する要素。

XHTMLでは、以下のように記述します。なお、名前空間とかその辺は私自身よくわかっていないので、説明は省かせていただきます。

xmlns 属性は、XML名前空間にどのマークアップ言語を使用するか定義するもので、以下の記述は値のURLから xhtml の名前空間を参照して、<html> 内では、XHTML言語を使用することを宣言しています。

XHTML 1.0
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja">
XHTML 1.1
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja">

<head>

このタグは、このHTML文書の情報を示す要素です。

HTML文書の題名となる <title> は必須の要素ですが、文書情報のデータを示す <meta> や文書の関連情報を示す <link> タグなどは、任意の要素です。

ただし <meta> の中でも、そのHTML文書自体のMIMEタイプと文字コードを示す記述については、HTTPレスポンスヘッダで指定でもしない限り必須といえます。(無いと文字化けの恐れあり)

<body>

HTML文書の本文を示す要素です。このタグに囲まれた記述がブラウザ上に表示されるようになります。

見出し(h1~h6)や段落(p)などの書式系のタグから、リンク(a)や画像(img)、ボックス(div,span)、テーブル(table)等の様々なタグが使用できるタグです。

なお、DTDで frameset を指定する場合は、この <body> が <frameset> 内の <noframes> の中に入ることになります。(使ったこと無いのでどういう挙動をするのかはわかりませんが。)

スポンサードリンク

inserted by FC2 system