DOCTYPE宣言について

DOCTYPE宣言とは

DOCTYPE宣言は、DTD(Document Type Definition)= 定義された文書の型を宣言するものです。

宣言の方法は、HTML文書の先頭で <!DOCTYPE> の中にDTDを記述することになりますが、宣言の記述が文書型のバージョンによって異なるため、以下に一覧として記述しておきます。(XHTMLではXML宣言の後に記述されます。)

DOCTYPE宣言 一覧

HTML

HTML 4.01 Strict

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/strict.dtd">

HTML 4.01 Transitional

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">

HTML 4.01 Frameset

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Frameset//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/frameset.dtd">

HTML 5

<!DOCTYPE html>

XHTML

XHTMLでは、XML宣言の後にDOCTYPE宣言を行います。(encoding の値は文書の文字コードに変換してください。)

XML宣言:<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>

XHTML 1.0 Strict

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-strict.dtd">

XHTML 1.0 Transitional

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">

XHTML 1.0 Frameset

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Frameset//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-frameset.dtd">

XHTML 1.1

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.1//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml11/DTD/xhtml11.dtd">

なお、XML宣言の version の値は、XHTML 1.1 の場合でも "1.0" で、

スポンサードリンク

inserted by FC2 system