HTMLの <link> タグについて

link 要素

link 要素は、HTML文書と外部のファイルとの関係を指し示す要素です。

link タグの属性

charset 属性
リンク先の文字コードを示す属性
href 属性
リンク先のURLを示す属性
hreflang 属性
リンク先の言語を示す属性
media 属性
リンク先が対象とするメディアタイプを示す属性
rel 属性
リンク先との関係を示す属性
rev 属性
リンク先側からの、この文書との関係を示す属性
type 属性
リンク先のMIMEタイプを示す属性

その他に、共通属性である title 属性でリンク先の説明ができます。

rel 属性の値とその記述例

stylesheet / スタイルシート
この文書の外部スタイルシートを示す記述です。
  • <link rel="stylesheet" href="URL" type="text/css" />
contents / 目次
この文書にとっての目次を示す場合に使用されます。
  • <link rel="contents" href="URL">
index / 索引
この文書にとっての、索引を示す場合に使用されます。
  • <link rel="index" href="URL" />
start / 最初
この文書を含む一連の文書の最初の文書を示します。
  • <link rel="start" href="URL" />
next / 次
この文書の次の文書を示す記述です。
  • <link rel="next" href="URL" />
prev / 前
この文書の前の文書を示す記述です。
  • <link rel="prev" href="URL" />
help / ヘルプ
この文書のヘルプとなる文書を示す記述です。
  • <link rel="help" href="URL" />
copyright / 著作権
この文書の著作権に関する文書を示す記述です。
  • <link rel="copyright" href="URL" />
shortcut icon / アイコン(いわゆる favicon と呼ばれるものです。)
この文書のアイコンを示す記述です。以下の記述を併せて使用します。

関連ページHTMLで Favicon を設定する

  • <link rel="shortcut icon" href="URL" type="image/vnd.microsoft.icon" />
  • <link rel="icon" href="URL" type="image/vnd.microsoft.icon" />
canonical / 正規 規準
内容が重複するコンテンツが複数ある場合に、検索エンジンに対して正規の文書を示すために使用されます。
  • <link rel="canonical" href="URL" />
alternate / 代替
別言語用、別メディア用の代替文書を指定します。なお、文書とありますが代替するスタイルシートも指定できます。
  • <link rel="alternate" href="URL" hreflang="言語" />
  • <link rel="alternate" href="URL" media="メディアタイプ" />

rev 属性の値とその記述例

rev 属性の値は、作成者がこの文書を作成したものと示す made があります。

この場合の href の値には、メールアドレスや mailto が入りますが、使うにしても、そのまま記述するのはやめましょう。(スパムメールが来る恐れがありますので。)

  • <link rev="made" href="メールアドレスなど" />

rev 属性の値はこれくらいしか思いつきません。

スポンサードリンク

inserted by FC2 system