.htaccess で ETag を設定する

YSlow でのチェックの時 Configure entity tags という項目があったのですが、.htaccess で修正できる部分だったので最近修正しました。(といっても、外部からの読み込みには影響ないので対して修正されていませんが。)

entity tag(ETag)とは

このエンティティタグというのは、サーバー上にあるファイルとブラウザ側にあるキャッシュ内のファイルが一致するかどうか判断するタグのことです。

同一かどうかを判断することで、同一ならば 304(変更なし)を、そうでなければ、200(OK)として処理するために検証するもので、変更がなければキャッシュにより取得せずに済むので、表示が高速となるものです。

ただ、ファイルが同一でも複数サーバーによる運用や、条件付きリクエストを使用している場合はどのみち 200 を返すようなので、最初から検証をしないように設定した方がいい場合もあるようです。

参考サイトYahoo! Developer Network - Configure ETags(英語)

修正方法

この機能を使用しない場合は .htaccess ファイルで、FileETag に none を設定すれば、configure entity tags での問題は解決します。

  • FileETag none

使用したい場合は、値をファイルの最終修正時刻で検証するための値 MTime か、バイト数で検証するための値 size と変更してください。

サイト内関連ページ : PageSpeed を参考に Web ページの表示速度向上のためにやってみたことのまとめ

スポンサードリンク

inserted by FC2 system