画像を最適化する

  • SEO
  • 現在地

Optimize images

画像の余分な部分を削除・圧縮することで、最適化しようというものです。

PageSpeed では、画像にメタデータやコメントが記述されていたり可逆圧縮されていないと、この項目に画像のURLが表示されます。

改善するための方法

画像を最適化してバイト数を減らすことで、転送量を減らすことにつながるのですが、実際に自分で最適化するのは面倒なので、YSlow や PageSpeed からチェックした際に最適化された画像を頂くことができます。

PageSpeed から最適化された画像を保存する
  1. まず、PageSpeed でページの表示速度をチェックします。
  2. 結果が表示されたら、画像を最適化する(Optimize images)の項目を選択すると、最適化されていない画像の一覧が表示されます。
  3. それぞれの文末にある Save as のリンクをクリックすると、最適化された画像が保存できます。
YSlow から最適化された画像を保存する
  1. YSlow では、Tools の All Smush.it™ を選択することで、Yahoo の Smush.it™ のページが表示されます。
  2. そのページに、YSlow でチェックしたページの画像の圧縮版があるのでそれらを保存。

    全画像の圧縮版が欲しい場合、Download Smushed images のボタンをクリックすると zip 形式でダウンロードできます。

後書き

なお、どちらも gif ファイルは強制的に png ファイルに変換されます。

ちなみに、同じ画像を両方で最適化してもらったら、違いは判りませんが PageSpeed の方がバイト数が削減されていました。

しかし、その PageSpeed で圧縮された画像は、YSlow でさらに圧縮できることもあるようです。

サイト内関連ページ : PageSpeed を参考に Web ページの表示速度向上のためにやってみたことのまとめ

スポンサードリンク

inserted by FC2 system