Amazon のウィジェットコードによる検索から特定のキーワードを除く

前に紹介した ウィジェットコードの SearchAndAdd による検索機能を利用する方法で、くるくるウィジェットを設置していたのですが、最近そのくるくるウィジェットに現れる商品にアダルトコンテンツが混ざっていることがありました。

で、このままだと google adsense の規約に触れてしまうおそれがあるので、今回は、検索結果から除外する設定方法について記述しておきます。

Amazon で検索する際に特定のキーワードを検索結果から除外する方法

Amazon では検索したいキーワードを入力した後に、空白スペースを置き -(ハイフン)を除外したいキーワードの先頭に付けて検索することで、そのキーワードを除く検索結果を表示させることができます。

なので、これと同じことをウィジェットコード内で行えば良いということです。

ウィジェットコード内で、キーワードを除外する

アダルトを除外したい場合、ウィジェットコードをそのまま貼り付けているなら、amzn_wdgt.keywords の値として引用符の中に 'キーワード -アダルト' のように記述するだけでいいですが、前に紹介した方法で外部 JavaScript ファイルに記述している場合は、以下のように変更します。

変数 key がキーワードを取得している場合です。

  • amzn_wdgt.keywords = key + ' -アダルト';

これで、アダルトコンテンツがウィジェットコードを使用した検索結果には表示されなくなるはずです。

もちろん、Amazon サーチウィジェットでも amzn_wdgt.defaultSearchTerm に同様の記述をすることで可能です。

スポンサードリンク

inserted by FC2 system