PHPとサーバーサイド・スクリプトについて

  • PHP
  • 現在地

APIの利用を始めた時から、クライアントサイド・スクリプトである JavaScript だけではやはり限界があると思っていたので、サーバーサイド・スクリプト言語の一つであるPHPについて、ここ最近勉強していました。

今回は、作成する前にPHPやサーバーサイド・スクリプトの概要を理解した分だけメモとして記述しておきます。

PHPとは

PHP(正式名称 PHP:Hypertext Preprocessor)は、サーバーサイドで処理を行うオープンソースのスクリプト言語で、HTMLに埋め込んで利用できる点や、動的にHTML,XML,Flash等の生成、データーベースのサポート等のようにWEB開発用に特化した言語といえます。

元々は手続き型言語でしたが、現在はオブジェクト指向な書き方ができるようになっています。

また、PHPは一般的にサーバーのモジュール(一部,部品)として動作するため、外部のプログラムを起動して処理を行うCGI方式と比較して、起動自体を要さないため負荷が軽減されています。(設定次第で、CGI方式でも利用できるようです。)

そのため、サーバーにモジュールとしてPHPがインストールされていなければ、処理を行うことはできません。

ということで、ローカルでテストする場合や自分でサーバーを構築する場合は、公式のPHP: Hypertext PreprocessorからPHPのソースコードをダウンロードしてインストールするか、XAMPPで必要なソフトウェアを一括インストールして環境を整える必要があります。

以下、サーバーサイド・スクリプトについての説明です。

サーバーサイド・スクリプトについて

ブラウザからリクエストがあった場合、JavaScript のようなクライアントサイド・スクリプトは、スクリプトを含んだファイルがブラウザに到達してから、ブラウザ側で処理が行われます。

対して Perl,PHP等のサーバーサイド・スクリプトでは、リクエストに対しサーバーで処理を行った後、その結果をブラウザに送信するという動作を行います。

つまり、サーバーサイド・スクリプトというのは処理をサーバー側で行うスクリプト言語の事ですが、この結果クライアント側にどのような処理が行われたか見られることがないというメリットがあります。

まあ、処理を行うので当然ですが、サーバーに多少の負荷がかかるというデメリットもありますが。

後書き

今回からPHPについても記述していくことにしましたが、このサイトはFC2の無料ホームページスペースに置いているので、どのみちサーバーサイドのスクリプトは利用できません。

なので、他に無料のレンタルサーバーを借りてみましたので、そちらで利用するつもりです。

といっても、今現在はローカルで作成しつつテストしている段階なので、何も公開してないんですが。

スポンサードリンク

inserted by FC2 system