PHPを扱うファイルの拡張子と記述場所について

  • PHP
  • 現在地

PHPの記述範囲

  • <?php ここに記述 ?>

または、script タグ内に記述することもできます。

  • <script language="php"> ここに記述 </script>

他にも方法はありますが、php.ini の設定に依存するのでここでは記述しません。

PHPを記述する場合のファイルの拡張子

PHPを記述する場合、デフォルトでは拡張子が「.php」でないと処理が行われず、PHPの命令文自体がHTMLソースに表示されてしまいます。

拡張子が「.html」のままで、PHPによる処理を行いたい場合は、.htaccessファイルで以下の記述を追加する必要があります。

  • AddType application/x-httpd-php .htm .html

AddType については、「MIMEタイプと文字コードを指定する」のページでご確認ください。

これで拡張子が「.html」と「.htm」のファイルのMIMEタイプを、サーバー内では application/x-httpd-php として扱ってくれるようになり処理を行ってくれます。

ただし、通常のHTMLファイルもPHPとして扱われるため、XHTMLで作成している場合はXML宣言の部分を以下のように書き換える必要があります。

  • <?php echo '<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>'; ?>

なお当然ですが、HTML文書の中でMIMEタイプを上記の application/x-httpd-php に変更したところで、それが読まれるのはブラウザ側のため、ただのHTMLファイルとして扱われます。

スポンサードリンク

inserted by FC2 system